慰謝料が発生する物事

浮気不倫16

大人として生きていれば一度や二度は慰謝料という言葉を耳にしたことがあるはずです。たとえば芸能人が離婚をしたことを発表し、芸能ニュースなどをにぎわせることも多々ありますが、このような場面で慰謝料という言葉が記事の中に含まれていることも多いものです。

しかし、こうした慰謝料のやりとりは何も芸能人だけに限った話ではなく一般の方々であっても多々あります。特に多いのは離婚時の慰謝料ですが、話し合ってお互い納得の上での離婚であれば慰謝料が発生しないケースも多いのです。

慰謝料が発生しやすいケースとしては、どちらかが不倫をしていたなどの事実が発覚し、その結果として夫婦関係が破たんしたような場合に慰謝料が発生するのです。もちろん、慰謝料を払うのは不倫をした側です。夫である男性が妻以外の女性との不貞行為を働いたとなれば、その際には慰謝料を妻に対して払うこととなります。

また、この際、夫である男性と不倫をしていた女性にも妻側から慰謝料請求がされることもあります。「参考 - 慰謝料 請求 - 弁護士法人アディーレ

このように不倫という行為は当事者である男女にとっては軽い火遊びのつもりであっても、いざ話し合いとなれば大きな金銭が動く行為になるのです。そのため、不倫という世界に気軽に足を踏み入れるのはやめておきたいものですが、時すでに遅く、不倫をしてしまっているのであれば支払いを前向きに考えていくしかありません。

また、自分のパートナーに裏切られて不倫をされた方も慰謝料を受け取って自分を納得させることを考えていきましょう。

⇒弁護士ならば適正価格